採用情報 社員インタビュー

メンバーの経歴も性格も様々。
多角的な視点で
サポートしあえる
理想的な環境。

新規事業開発部

前職

食品分野のMD/バイヤー/事業再生

Staff Interview 01

インタビューNo.1
新規事業開発部

1.転職のきっかけと入社理由

有形商材から無形商材へ

これまで、モノを作ること・売ることを中心に仕事をしてきましたが、そのプロセスにある広告媒体の仕組みや購買心理などを深く学びたいと考えていたときに、当社に出会いました。

食に関する仕事という軸はぶらさずに、自分にとっては新しい分野の飲食業界かつ無形商材に携われるのも入社の決め手になりました。





2.働く環境と仕事のやりがい

多様な意見を持つ仲間と
サポートし合える環境へ

様々なバックグラウンドを持つ社員が多いので、多角的な視点が垣間見れるのが面白い環境だと感じます。
それぞれの持っている経歴や性格を加味して仕事への向き合い方はサポートをしてくれるので、一人で抱え込まずに相談して消化出来ているのは本当に助かっています。

社会的な情勢の変化を大きく受けやすい飲食業界では、食べログのような広告媒体は削られてしまう可能性が非常に高い支出分野です。そのような状況下でも、実際に売上を上げ、「やって良かった」と言って頂けるケースも多々あります。
単に商材を売るのではなく、状況を判断し相手の希望や悩みを引き出し、相手に適合するか否かを見極めていくことによって、そういったお声を頂けると思っていますし、自分のモチベーションに繋がっています。

3.今後の目標

新しい業界への挑戦

営業職として未経験で入社し、様々なノウハウや考え方を学ぶことが出来ましたが、入社して10ヵ月経ったタイミングで新規事業のスタートアップメンバーに選出頂きました。
食品業界から飛び出て美容業界へのトライが始まります。
営業としての成績だけでなく、前職にて事業再生をしていた職歴を見て頂いているからこその人事配置かと思います。新しい事を始める期待感とスピード感を抱きつつ、着実に結果が出せるよう1つ1つ丁寧に進めていきたいです。